整体、群馬、太田市 肩こり、腰痛に悩んでいたら

予防接種は受けるべき

常識とは

予防接種は受けるべき

「ワクチンは重症化を防ぐ」の嘘

脳症とインフルエンザは別の病気です。脳症の原因はまだ明らかになっていません。厚生省では、1998年、研究班での調査では、ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきりでました。
引用元:インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

また、肺炎などの呼吸器障害を起こし重症化する可能性が高いとされるハイリスク群(高齢者・乳幼児・妊婦)に関しても、ワクチンの薬害を受けやすく危険という意見もあります。

ワクチンや予防接種に否定的な考えを持っている方々が存在すること、そして、そういう意見を取り入れて自分で考えてみるのは非常に大切だと思っています。

「友達の子供も打ってるから」、「テレビでも打ったほうが良いって言ってたから」という単純な理由で予防接種を受けるのではなく、ワクチンを打っても良いと確信できた時のみ、子供に予防接種を受けさせるべきだと思います。

ある内科医は、「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』と書いてあります」と指摘。

体調が悪いときにインフルエンザワクチンを接種した場合、副反応として、かえってインフルエンザの症状が出現することもあると、別の内科医は証言しています。

知ってもらいたいワクチン・予防接種の危険性

健康オタク Nonchin(のんちん)の健康法ブログ より抜粋

予防接種の危険性

世の中にはワクチンや予防接種に否定的な考えを持っている方々も多く、医師や研究者ではない以上、否定派の主張、肯定派の主張の両方を確認して、ワクチンを打っても良いと確信できた時のみ、子供に予防接種を受けさせるべきだと思っている。

今回の記事はワクチンや予防接種に白黒つけるというよりも、ワクチン・予防接種の危険性を知った上で、子供たちに予防接種を受けさせるかを判断してほしいというメッセージでもあります。

ワクチンに含まれる添加物の危険性について

ワクチンの主成分は、生きた病原体の毒性を弱めた「生ワクチン」、死んで毒性を失った病原体の成分のみの「不活化ワクチン」、菌が発生する毒素を取り出し、それを無毒化した「トキソイド」などで、このような主成分の危険性はそれほど高くないと考えられます。

しかし、本当に危険なのは主成分に添加される以下のような物質です。

•脳に損傷を与え、認知症やアルツハイマー病の原因となる「 アルミニウム 」

•失明やシックハウス症候群の原因とされる「 ホルムアルデヒド 」

•肥満、糖尿病、偏頭痛、うつ病などの原因となる「 グルタミン酸ナトリウム(MSG) 」

•自閉症や発達障害の原因となる「 チメロサール(エチル水銀) 」

もし本当に、こんな危険な物質がワクチンに添加されているのなら、子供たちの体内に入れるべきではないと言えるでしょう。

また、このような副作用はワクチンを打った直後ではなく、数年後に発症するケースもあるようで、「友達の子供も打ってるから」、「テレビでも打ったほうが良いって言ってたから」という単純な理由では、数年後に子供たちを悲しませる事になるかもしれないのです。

予防接種は「定期接種」と「任意接種」に大別できます。

定期接種

ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、ポリオ(IPV単独)、BCG、MR(麻疹・風疹混合)、水痘(水疱瘡)、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス(HPV)など。

任意接種

A型肝炎、B型肝炎、ロタウイルス、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、インフルエンザなど。

しかし、この「定期接種」と「任意接種」は どちらも任意であり義務ではありません 。

「任意接種」は当然任意なのですが、「定期接種」も1994年の予防接種法の改定によって、義務から努力義務に改正されています。つまり、「定期接種」には「できるだけ打ちましょう」という努力義務が課せられているだけに過ぎないのです。

子供に予防接種ワクチンを打つ・打たないは保護者である親が判断することであり、予防接種ワクチンが子供に必要だと判断したら打つ、不要なら打たないという選択で良いのです。

定期予防接種ワクチンの必要性

日本脳炎患者は年に3人、ジフテリアは2人、ポリオ(小児麻痺)は過去32年間患者ゼロ!

船瀬俊介氏の著書によると、日本脳炎患者は年に3人、ジフテリアは2人、ポリオ(小児麻痺)に関しては過去32年間で患者ゼロらしく、そんな低確率のものを予防する為に、日本脳炎ワクチンや四種混合(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、ポリオ(IPV)が必要だとは思えません。

天然痘や麻疹(はしか)はワクチンで駆逐されたわけではない

内海聡医師の著書によると、天然痘や麻疹(はしか)などの伝染病はワクチンによって駆逐されたのではなく、住環境や衛生環境の向上によって駆逐されたとされています。ワクチンが伝染病を終息させるどころか逆に、天然痘やジフテリア、麻疹の感染を拡大させたとする統計もあるといわれています。

「インフルエンザ・ワクチンに予防効果はない」

その言葉を信じられないという人も多いと思いますが、群馬県前橋市医師会の調査によって、インフルエンザ・ワクチンに予防効果がないことが証明され、それに伴い、1994年の予防接種法の改定、小中学校でのインフルエンザ・ワクチン集団予防接種も1994年以降は全国的に中止されているようです。

また、国立感染症研究所でも「インフルエンザ・ワクチンは感染や発症そのものを完全には防御できない」とされていますし、厚生労働省のインフルエンザQ&Aでは以下のようにインフルエンザ・ワクチンに予防効果がない事を認めています。

インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。
引用元:インフルエンザQ&A|厚生労働省

予防効果がない2つの理由

1つ目は インフルエンザウイルスに効くワクチンを作るのはほぼ不可能 。

インフルエンザにはA型・B型・C型の3種類のウイルスの型がありますが、流行するインフルエンザは、ほとんど「A型」です。B型・C型は1種類ずつなのに対し、A型は144種類もあり、速いスピードで変異を繰り返すため、そのシーズンのインフルエンザウイルスにピンポイントで効くワクチンを作るのはほぼ不可能だといわれています。

2つ目は ウイルスは鼻や喉から侵入する 。

もし、奇跡的にそのシーズンのインフルエンザウイルスにピンポイントで効くワクチンが作れたとします。しかし、そのワクチンを打って血液中に抗体ができたとしても、ウイルスは鼻や喉から侵入するため、厚生労働省の見解にあったようにインフルエンザの感染は避けられないという事らしいです。

予防効果はなくても重症化は防げる?

母里啓子氏の著書には、インフルエンザ・ワクチンには予防効果がないだけでなく、重症化を防ぐことも出来ないとされています。

子宮頸ガン・ワクチンは百害あって一利なし

これも内海聡医師の著書を参考にさせていただくと、もともと子宮頸ガン・ワクチンには、子宮頸ガンを予防する効果は一切ない。

それどころか、子宮頸ガンが増えるという研究さえあるといわれています。

また、子宮頸ガンの原因とされるヒトパピローマウイルス(HPV)について、船瀬俊介氏の著書には以下のように書かれています。

HPVに感染しても90%以上は自然消滅する。

子宮頸ガンに発展するのは、わずか0.1~0.15%以下、通常は数年から数十年かかる。

これはまさに誤差のレベル以下だ。

さらにHPVも種類(変種)がきわめて多い。

日本人の子宮頸ガンの原因はHPV52・58型が多い。ところがワクチンはHPV16・18型のみに対応だから的はずれである。

海外では子宮頸ガン・ワクチンの接種による死亡例もあり、自閉症、不妊、アナフィラキシー、ギランバレー症候群、急性散在性脳髄膜炎、複合性局所疼痛症候群(CRPS)などの副反応も考えられ、これが本当に事実なら、そんな危険なワクチンを大切な娘たちに打ちたいとは思いません
画像の説明

子宮頸がんワクチン薬害の19歳女性 症状悪化で親の顔忘れる

投稿日: 2014年06月13日 07:00 JST

子宮頸がんワクチン薬害の19歳女性 症状悪化で親の顔忘れる

「えっ、私入院しているの?ここは病院なの?」と語る1人の女性。入院して数日経つのに、ベッドに横たわるA子さん(19)は自分の置かれた状況すらわからなくなっていた――。

ワクチンの副作用

1年前、女性自身では子宮頸がんワクチンの後遺症に苦しむA子さんを取材。ワクチンの副作用が全国的に広がっていたなか、被害にあった彼女の悲痛な叫びを報じた。そんなA子さんは、5月に容体が急変し緊急入院。昨年よりも症状を悪化させているというのだ。昨年からワクチンの薬害を取材してきた記者は、A子さんが入院する病院に向かった。

彼女とは1年ぶりの再会だったが、記者に「この人は誰なの?」と怪訝な表情を浮かべた。前回の取材では2時間も話したのに、彼女はまったく覚えていなかった。実は、ずっと付き添って看病している父親のことさえわからなくなっていたのだ。「知らないオジサンがいつもずっと一緒にいる……」と最愛の娘に言われた父親は、悲しげだった。

父親によると、大学の夏休みごろからA子さんの後遺症が進行。左半身の麻痺で外出もままならなくなり大学をやめることに。今年4月、医師の往診中に激しいけいれんの発作が起き、奇声を上げて意識不明。翌日に目を開けたが、症状はさらに悪化していたという。

子宮頸がんワクチンの危険性を指摘してきた宮城県『さとう内科循環器科医院』の佐藤壮太郎院長は、A子さんのケースをこう解説する。

「ワクチンに含まれるアルミニウム物質が原因で、体の免疫力が暴走し、脳細胞を破壊しているのではないかと思われます。ワクチンの副作用で、加齢によるぼけやアルツハイマーの記憶障害と同様な症状になってしまったのでしょう。接種後、当初は痙攣や体の痛みが出て、さらに時間と共に進んで記憶障害を引き起こしているようです」

佐藤院長によると、これまでは50人に1人の割合でワクチンの副作用が起こっているという。娘の状態に父親は当惑しながら、記者にやるせない思いを吐き出した。

「こういう会話になると、認知症の老人と同じことを言うわけですよ。だからとても怖いんです。痙攣発作もいつ起こるかわからない。朝起きて、今日は調子がよさそうか、悪そうか。娘の顔色を見ながら付き添いの毎日です……」

元気になったら何がしたいですか?

悩んでいたら今すぐ電話してください

大原治療センターアクセス

ホームへページのトップへ

a:2387 t:3 y:1

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional